ホーム>こころワクワクブログ>健康・美容情報>温度差シャワー刺激で、低体温改善!
健康・美容情報

温度差シャワー刺激で、低体温改善!

褐色脂肪細胞を活性化することで、体温をあげる方法があります。

褐色脂肪細胞とは、体脂肪を燃焼する役割をもつ脂肪細胞のこと。
体温の調整や、新陳代謝機能に深く関わっています。

燃焼するときには、体温を上げて熱エネルギーを生産します。

首・肩甲骨・わきの下・腎臓付近に密集している、
褐色脂肪細胞を活性化すると、体温上昇につながります

その方法としてオススメなのが、
温度差シャワー刺激」です。

褐色脂肪細胞付近を、
<40℃(お湯)>と<20℃(水)>で交互に30秒ずつ刺激します。

体がポカポカしてくるのを感じられれば成功です!

teitaion-shower.gif

 

 

低体温改善法 あなたに合った改善法をみつけてみよう♪ 詳しくはこちら

低体温改善商品 あなたに合った改善商品を見つけてみよう♪ 詳しくは



こちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.corowaku.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/89

ページ上部へ