ホーム>こころワクワクブログ>健康・美容情報>1975年の食事が最強!?~世界一受けたい授業 2015月4月25日放送~
健康・美容情報

1975年の食事が最強!?~世界一受けたい授業 2015月4月25日放送~


最新研究で分かったスーパー和食

 

 

 

◎1975年の食事はガンを抑える!?


摂取カロリーは、
1975年の方が現在より
約1.2倍高いです。


しかし!

現在の方が太った人が多いのです。

 

また!

1975年の食事は、
ガンを抑える効果も期待できると
分かってきました

2015427144248.gif

 

 

 

 


◎1975年型スーパー和食の特徴①


食材の多さ


2015427144419.gif


少しずつ色々な食材から、
栄養を摂っていました

 

 

 

 


◎1975年型スーパー和食の特徴②
 

大豆や卵を多く食べていた


大豆も卵も良質なタンパク源です。


現代は、
タンパク質を肉から摂取することも多いですが、
1975年には、大豆や卵から多く摂取していたのです。

2015427144458.gif


卵は1日に1,2個食べるのが理想的です。


また、

年を取るど、卵を摂った方が良いです。

最近までは、
「卵を摂ると、血液がドロドロになる」などと、
コレステロールを気にする傾向にありましたが、
現在は、それは間違いだとされています。

 

 

 

 


◎1975年型スーパー和食の特徴③


発酵調味料をよく使っていた


味噌汁だと、1日2杯が理想です。

※塩分が気になるかと思いますが、
現代では、1日3杯程度であれば、
高血圧にならないだとうと言われています。


発酵食品の味噌は、
何千もの成分が含まれているが分かっており、
栄養価も非常に高いです


味噌は、
ガンや脳卒中を防御し、
美肌効果があることが分かっています

 

 

 

 


◎1975年型スーパー和食の特徴④


出汁(だし)を多く使っていた


出汁を使う事で塩分が少なくても
味がしっかり付いているように感じられるのです


実は味が濃いと感じる出汁有りの方は、
しょう油の量は1/4です


重要なのは香りです。

出汁の香りが鼻から抜けることで、
味がしっかりついていると感じます。

 

 

 

 


◎スーパー和食を手軽に実践する方法


おにぎりを2個でなく、
おにぎりを1個、
サンドイッチを1個というように、
食事の総量は変えずに、
多くの食材を少しずつ食べるだけで、
ダイエット効果や、成人病予防になります

 


<食材を色々摂る事が重要な理由>


栄養バランスが良いと、
多くの水(栄養効果)を貯えられます。

2015427144622.gif


しかし!

1つでも栄養素が少ないと、
水がこぼれていまいます。

2015427144642.gif


つまり!

栄養効果が下がります。


結果!

肥満や成人病のリスクが高まるのです。

 


 

緑黄色野菜のチャンピオン!100%モロヘイヤ粒【王様の健康粒】

野菜の王様モロヘイヤの生葉を乾燥し圧縮!
完全100%もモロヘイヤ粒なので、添加物など一切なし!
食物繊維は勿論、βカロテン、ビタミンA,B群、ビタミンC、
クロロフィル、カルシウム・・・、まさに野菜不足解消に最適
です!
便秘不足解消にもお薦めですよ♪

モロヘイヤ100%粒 青汁 王様の健康粒

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.corowaku.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/394

ページ上部へ