ホーム>こころワクワクブログ>健康・美容情報>侮れない!貧血の実態!~健康カプセル!ゲンキの時間2017年7月30日放送~
健康・美容情報

侮れない!貧血の実態!~健康カプセル!ゲンキの時間2017年7月30日放送~

侮れない!貧血の実態!~健康カプセル!ゲンキの時間2017年7月30日放送~
 
 
 
 
 
 
 

◎貧血とは?

 
 
貧血の多くは
体から血液が失われることで起こります。
 
 
特に女性は月経があるため、
男性よりも貧血になる割合が高くなります。
 
 
 
 
一方男性の貧血の場合は、
体の内部で出血を引き起こす病気、
 
例えば
 
胃がん腸がんなどに
罹っているケースが多いと言われます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

◎鉄欠乏性貧血

 
 
貧血にはいくつか種類がありますが、
中でも多いのが「鉄欠乏性貧血」です。
 
 
血液に含まれる赤血球では
鉄分によってヘモグロビンが作られ、
それが酸素と結びついています。
 
 
そして血管を通り体の様々な部分に
酸素を送り届けているのが健康な状態です。
 
 
ところが鉄欠乏性貧血になると、
鉄分が不足するためヘモグロビンも減り、
赤血球の形も変化し、
体中に送られる酸素まで少なくなります。
 
 
 
さらに少ない酸素を体中に循環させようと、
心臓の働きも激しくなって
負担がかかるため、
放っておくと心不全を引き起こす
こともあるのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

◎隠れ貧血

 
 
鉄分は体の中で、
主に肝臓にある「フェリチン」
という場所に貯まっています。
 
 
血液中のヘモグロビンを作る際は、
そこから必要な鉄分が
送り出されています。
 
 
常に鉄分が補給されていれば
フェリチンの量は変わりませんが、
フェリチンが減ってくると、
検査では貧血と出なくても
体全体の鉄分は
失われている事になります。
 
 
そのような状態を貧血予備軍、
隠れ貧血」と言います。
 
 
 
放っておくといずれフェリチンがなくなり、
貧血に陥ってしまうため注意が必要です。
 
フェリチンが減ってくると、 検査では貧血と出なくても 体全体の鉄分は 失われている事になります。   そのような状態を貧血予備軍、 「隠れ貧血」と言います。    放っておくといずれフェリチンがなくなり、 貧血に陥ってしまう
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

◎貧血チェックポイント

 
 
(1)疲れやすい。
 
 
(2)寝ても疲れがとれにくい。
 
 
(3)階段や坂道などで息切れ。
 
 
(4)動悸。
 
 
(5)顔色が悪い。
 
 
(6)脚がむくみやすい。
 
 
(7)爪が反りかえる。
 
貧血のサイン 爪が反りかえる
 
 
(8)普通は食べないものを食べたくなる。
(氷や土、砂など)
 
 
これらのうち1つでも当てはまれば
貧血の疑いがあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

◎鉄分摂取不足

 
 
鉄欠乏性貧血は、
出血でなるだけでなく
鉄分の摂取不足も挙げられます。
 
 
偏食の方や
ダイエットをしている方は
特に注意しましょう。
 
 
 
 
 
1日に推奨される鉄分の摂取量は、
 
30~69歳の
 
男性で7.5mg、
女性で6.5mg
 
 
です。
 
 
主な食材では
ホウレン草が思い浮かびますが、
ホウレン草には鉄分の吸収を妨げる
シュウ酸という成分も多く含まれています。
 
 
 
そこでオススメなのが
 
「小松菜」
 
です。
 
貧血予防 鉄分摂取には小松菜!
 
 
ただし小松菜だけで
1日に必要な量を摂るのは難しいので、
同じく鉄分の多いレバーやかつお、
まぐろ、ひじきなども
バランスよく食べましょう。
 
 
 
 
またコーヒーやお茶、
ワインに含まれるタンニンは、
鉄と結びついて吸収を悪くしてしまいます。
 
 
鉄分の吸収を良くする成分は
ビタミンCなので、
グレープフルーツジュースなどを
食事と一緒に飲むと効果的です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

◎貧血を起こす様々な要因

 
 
骨髄の異常からくる難病
「不応性貧血」
 
 
およそ4万人に1人しか
発症しないと言われます。
 
 
血液の細胞自体が
まく作られないことで
貧血症状を引き起こし、
白血病に移行する
危険性が高い病気です。
 
 
様々な治療が適応しないため
不応性貧血と呼ばれています。
 
 
治すには他人からの
骨髄移植しかありません。
 
 
 
 
 
他にも
腎臓病や甲状腺の疾患などから
貧血が起こる場合や、
 
 
ピロリ菌が原因の胃炎などから
鉄欠乏性貧血が起こることもあります。
 
 
貧血は血液検査をしないと分かりませんので、
定期的に検査を受けることが大切です。

 


 

★今話題のゴースト血管チェック!【毛細血管観察サービス】


毛細血管は血管全体の90%以上を占めるんです!
毛細血管をチェックすれば、身体の状態も分かる!?
あなた自身の目で自分の毛細血管の形や血流を確認しませんか?
今話題のゴースト血管もチェックできます!
体験者には、ゴースト血管改善法も伝授します♪

 

毛細血管観察 ゴースト血管チェック

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.corowaku.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/804

ページ上部へ