ホーム>こころワクワクブログ>健康・美容情報>正しく歩けば寿命は延びる!~世界一受けたい授業 2017月10月21日放送~
健康・美容情報

正しく歩けば寿命は延びる!~世界一受けたい授業 2017月10月21日放送~

正しく歩けば寿命は延びる!~世界一受けたい授業 2017月10月21日放送~
 
 
 
 
 
 
 

◎100歳まで歩く!土踏まずのアーチを作る体操!

 
 
まず、大きくつま先立ちをして
そのまま3秒キープして
かかとをゆっくり下します。
 
土踏まずのアーチを作る体操!
 
 
 
※10回を1セットとし、
1日3セットが目安です。
 
 
※この体操は不安定になるので
壁やイスに手をおいた状態で
行ってください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

◎筋肉を衰えさせない正しい歩き方

 
 
<ポイント1>
 
 
「体を真っ直ぐにし、前傾しない!」
 
 
歩き方の基本は「姿勢」です。
 
 
正しい姿勢は、耳、肩、腰、
くるぶしが一直線になるのが理想です。
 
正しい姿勢は、耳、肩、腰、くるぶしが一直線になるのが理想
 
 
 
 
 
<ポイント2>
 
 
「膝を伸ばす!」
 
 
まず、膝を伸ばした状態で着地し、
そこから膝を伸ばしたまま、
後ろへもっていくのが理想です。
 
膝を伸ばした状態で着地し、そこから膝を伸ばしたまま、後ろへもっていくのが理想
 
 
膝を伸ばすと大臀筋と内転筋、
両方を使うので、
歳をとった時でも
しっかり歩ける体を作れるのです。
 
 
 
 
 
<ポイント3>
 
 
「地面に足をつける順番」
 
 
正しい歩き方は、
 
かかとからついて、
小指の付け根、
親指の付け根、親指
 
の順で足をつけます。
 
正しい歩き方は、かかとからついて、小指の付け根、親指の付け根、親指 の順で足をつけます。
 
 
こうすると、
ふくらはぎにあるヒラメ筋という筋肉を
うまく使うことができ、
歳をとっても疲れずに、
長時間歩く事ができるのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

◎間違った歩き方を改善するには!

 
 
後ろ向きで歩くと効果的です。
 
 
(1)まず、足を後ろに引き、
つま先から着地します。
 
足を後ろに引き、つま先から着地します。
 
 
 
(2)続いて、膝を伸ばし、
かかとを地面につけます。
 
膝を伸ばし、かかとを地面につけます。
 
 
※この動きを1回1分程度行い、
1日に3回ほどが目安です。
 
 
 
この体操により、重心移動が円滑になり、
膝が伸びた正しい歩き方が
できるようになります。
 
 
※この体操も不安定になるので
壁に手をおいた状態で行ってください。
 
 
 
 
 
 
 
 

 

★気持ち良いだけで、痛み・コリ・疲れが消える!?【温熱セラピー】


整体やマッサージと違う新感覚♪
服を着たままで手軽に行える温熱セラピー!
あまりの気持ち良さに寝てしまう方が続出!自律神経も改善!
そして・・・痛みやコリは勿論のこと、ストレスや疲れも消えてる!?
もう諦めていた人、どこでもダメだった人
、一度お試しください!

 

温熱セラピー

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.corowaku.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/829

ページ上部へ