ホーム>こころワクワクブログ>健康・美容情報>コレステロールの救世主!血管を掃除する秘策SP~ガッテン!2018年11月28日放送~
健康・美容情報

コレステロールの救世主!血管を掃除する秘策SP~ガッテン!2018年11月28日放送~


201372192843.gif
 

こころワクワクショップ店長・温熱セラピストの安部です。
2018年11月28日放送「ガッテン!」の
内容をまとめてみました!
 

 

 

コレステロールの救世主!血管を掃除する秘策SP~ガッテン!2018年11月28日放送~
 
 
 
 
 
 
 

◎新発見!善玉コレステロールは“質が大事”

 
 
昨年、善玉の“吸う力”についての
重要な研究結果が報告されました。
 
 
24年前に採血された
血液サンプルを使うことで、
善玉コレステロールと病気の関係が
よりはっきりと分かったのです。
 
 
 
この研究によると、
善玉の吸う力が高い人は、
低い人に比べて
脳梗塞になるリスクが
6割も減っていました。
 
善玉の吸う力が高い人は、 低い人に比べて 脳梗塞になるリスクが 6割も減っていました。
 
 
さらに!
 
善玉の数値、
つまり量が多いか少ないかで調べると、
脳梗塞のリスクに有意差は
認められませんでした。
 
 
 
つまり!
 
善玉コレステロールは
“質が大事”
 
だということが分かったのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

◎善玉の“吸う力”を上げる、魚のアブラ「EPA」!

 
 
今回、
20~60代の50人の方に協力していただき、
善玉の吸う力が高い人と低い人では
何が違うのかを大調査しました。
 
 
すると分かったのは、
善玉の吸う力が高い人は、
 
血液の中の
「EPA(エイコサペンタエン酸)」の
濃度が高い
 
ということでした。
 
 
 
「EPA」とは、
オメガ3という油の一種。
 
 
そして、
このEPAは特に「青魚」に
多く含まれる油として知られています。
 
EPAは特に「青魚」に 多く含まれる油として知られています。
 
 
 
善玉の吸う力が低い人5人に2週間、
毎日1食、食事のメニューに
青魚を加えてもらう実験では。。。
 
 
5人のうち4人の善玉の吸う力が
アップしました!
 
5人のうち4人の善玉の吸う力が アップ
 
 
 
また近年、
日本人の魚の摂取量が減少しています。
 
 
食事のメニューを
お肉からお魚に置き換えるだけでも
悪玉コレステロールを減少させる効果が
期待されると言われています。
 
 
 
手軽にEPAを摂るという意味では、
「さば缶」もオススメ(1日1/4缶)です。
 
 
 
 
実験ではその他
 
ナッツ(1日25g)+緑茶(1日1杯)
 
や、
 
ウォーキング(1日30分)
 
でも効果が認められました。

 

 

こころワクワクショップ


 

★30分で身体の不要物をデトックス!【デトックスフットバス】


足を入れるだけ!綺麗な水(お湯)がドロドロに♪
9割以上の方が脚の軽さにビックリ夜も熟睡できる♪
女性には特に、足裏やカカトがスベスベになると好評♪
2人同時に並んで出来るのも愉しいです!?
ゴッドクリーナー体験!60分コースもオススメです♪

 

デトックスフットバス ゴッドクリーナー体験

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.corowaku.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1005

ページ上部へ