ホーム>こころワクワクブログ

こころワクワクブログ

いびき解消「舌と口のトレーニング」~健康カプセル!ゲンギの時間2013年10月13日放送~

舌の筋力が低下すると、寝ている時に、
舌の重みを支えられず、落ち込んでしまい、気道を狭めてしまいます。

これが<いびきの原因>になります。

また筋力の衰えで、口が閉じにくくなり、
唾液が減少し、口が渇き、目が覚める原因にもなります。


【舌のトレーニング】

20131017182451.gif

舌先を上あごにつけ、舌をはじいて音を鳴らします。
明瞭な音が出ない場合は舌が衰えている証拠!


<唇周りの筋肉を鍛えるトレーニング>

「い」と「う」の形に口を動かします。

※1日10セットほど行いましょう。


<言葉でトレーニング>

口を大きく開けて、舌をしっかり動かすように
「べ」
「ろ」
「た」
「か」
「く」
と発音します。

※「べ」の時は、舌を思い切り出します。
※1日20回行います。

手軽に玄米の栄養素を補給!~ギャバ200~

こころワクワクショップ店長の安部です。

201372192843.gif

玄米が身体に良いとは分かっていても・・・。
毎日のことと考えると、結構面倒で、
正直長続きしないのが本音ではないでしょうか。

その点、この「ギャバ200」は、
手軽に玄米の栄養が摂れるのが魅力です!

しかも!ギャバに関して言えば、玄米の122倍です!


「ギャバ200」の摂り方は、人それぞれです。

お湯に溶かして飲む方や、
ヨーグルトにかけて食べる方などもいます。

我が家では、ご飯を焚く時に、大さじ一杯を入れています。

当然、ご飯は茶色くなるのですが、
香ばしい香りと共に、美味しく戴けますよ!


実は当店では、売上No.1の商品でもあります。

手軽に、しかも安価に玄米の栄養素が摂れる「ギャバ200」。
是非、お試しください!

 

ギャバ200

 

私も実践!効果テキメンの脳内デトックス法

いきなりですが、
夜、あれこれと考え事などをしていて、
なかな寝付けない時、
あなたは、どうしますか?

「羊が一匹、羊が二匹・・・」

な~んて、小さい頃に教わった気もしますが、
これが効果ないことは、実際に行なった人なら分かるはず。

先日ある番組で、効果がないどころか、
かえって眠れなく可能性もあると、指摘していました。


私が実践している方法を教えますね。

もっともこの方法は、元々私の場合、
志事をしている時に、頭がパニックになってきた時や、
イライラが溜まってきた時などに、
脳をリセット、言い換えれば、
脳内デトックスをする際に実践しております。

やり方は簡単です。


20131015155014.gif

(1)写真のように両手の4本の指で、両目を押さえます。
(2)写真では観えませんが、親指で両耳を塞ぎます。
(3)その状態で、鼻から声を出すつもりで、
「ん~」という音を出します。
(4)これを10回ほど続けます。
※音が脳内を反響しているのが確認出来れば成功!
※就寝時は、仰向けの状態で行ないます。

これによって、右脳と左脳とのバランスが取れ、
考え過ぎて左脳優先になって緊張が高まっていた状態がリセット!


実際にやってみると、
指を、目と耳から放した瞬間に、
脳の疲れがスゥ~とするのが実感できます。

何とも脳が穏やかになって、
その気持ち良さに病み付きになりますよ!

眠りも深くなると想います。

是非お試しください♪

 


 

★脳の癒しに♪【ギャバ200】

脳のイライラ解消に必要不可欠の成分『ギャバ』を
お手軽に摂れます!
ご飯を焚く時に入れれば、簡単も「玄米ご飯」が!
しかも香ばしくて美味しいのが嬉しい♪
 

 ギャバ200 商品画像


 

手軽に野菜不足を解消!~モロヘイヤ100%粒 王様の健康粒~

201372192843.gifこころワクワクショップ店長の安部です。

モロヘイヤといえば、
【βーカロチン】と、【食物繊維】ですよね。

他の野菜に比べて、この2つの栄養素の含有量がケタ違い!
その他にも、ビタミンE,B1,B2、鉄分なども多く含まれる、
まさにスーパー野菜です♪


とはいえ。。。
問題は、その摂り方なわけです。

まさか、毎日モロヘイヤを食べるわけにはいきません。
そうなると、サプリメントということになります。

この「王様の健康粒」は、
モロヘイヤの生葉を低温乾燥⇒圧縮⇒粒にしただけ!ですので、
まさにモロヘイヤ100%になります。

つまり、
着色料、安定剤、粘着剤、光沢剤などの添加物は一切含んでいません

そして私自身が驚いたのは、
一粒だけ口に入れ、どんどん噛んでいくと、
モロヘイヤ独特の、ヌルヌルネバネバが出て来て、
まるでモロヘイヤの生葉のようになるのです!

これは安心してオススメできると、確信した瞬間です♪


あなたも是非、日頃の野菜不足を解消してみませんか。

 

王様の健康粒

 

30年来の手足のしびれがウソのように消えた!~足裏樹液シート 寝てるま~に~

30年程前から、常に手足がしびれるような状態となり、
sibire-man.gif医師からは原因不明の奇病とサジを投げられる始末でした。

以来、どんな医者に診てもらっても原因が分からず、
治療法も無いまま今に至り、ほとんど諦めかけておりました。

そんな時に「寝てるま~に」のことを知り半信半疑で、
両足にそれぞれ3包づつ貼ったところ、
数回の使用で、しびれが消えてしまいました

これには妻もビックリ。
とても楽しく過ごせるようになりました。

【奥野忠芳さん 60歳代】

 

寝てるま~に

 

※あくまでもお客様の体験談であり、効果効能を保証するものではありません。 

病院通いが欠かせなかった私が別人のように!~足裏樹液シート 寝てるま~に~

seki-obaasan.gif1年前は、体力がなく顔は青白く、すぐに風邪をひき、
毎週のように病院で点滴をしていました。

そんな私が「寝てるま~に」を両手足に貼ってみると、
ビショビショになるくらい水分が出て、1週間もしないうちに、
まず足のむくみが取れてきて体が軽く感じました

今では、全く病院に行っていません。
風邪もひかなくなり、寝込むこともなくなりました

毎年悩まされる花粉症も、
鼻水が少し出るくらいで、いつものあの辛さはありません。

【太田 成子さん  60歳代)

 

寝てるま~に

 

※あくまでもお客様の体験談であり、効果効能を保証するものではありません。 

胃の秋バテ!~健康カプセル!ゲンギの時間2013年10月6日放送~

夏バテと同じような症状の出る『秋バテ』。
実は秋バテは“胃”にも!

 

【胃の秋バテの原因】

(1)夏の冷たい物の摂り過ぎ
冷たい物を摂ると、胃の温度が25℃前後まで下がる。
そうすると、血流が低下し、胃の動きが鈍くなります
それはつまり胃の消化力も低下するということです。
そのダメージが知らぬ間に蓄積されているのです。

tabesugi.gif(2)秋の食べ過ぎ

食欲の秋!ということもあり、
とかく秋は食べ過ぎになりやすい季節です。
そこにも落とし穴が・・・。

食べ物が口に入ると放出されるのが、
胃液の分泌を促す「ガストリン」というホルモン。

タンパク質や脂質の多いものを食べ過ぎると、
ガストリンはすぐに増加し、胃液が出過ぎてしまう為、
胸やけや胃もたれなどの胃の『秋バテ』を引き起こします

*****

腸は本来、胃酸を中和する働きをもっています。
しかし、胃液が出過ぎると、中和が間に合わないため、
胃の働きを止める命令>を出します。
胃もたれは、腸が出す命令なのです!

*****

夏の間に弱った胃に追い打ちをかけるのが、
秋の食べ過ぎ!
そして『胃の秋バテ』へ!


また冷たいものもガストリンの分泌を増やし、
自律神経の働きを低下させます。
●暴飲暴食
●食後すぐに寝る
●空腹時にお酒やコーヒーを飲む
といった行為も、胃に負担をかけるので注意が必要です。


【胃の秋バテ解消法】

白湯を、朝コップ一杯飲みましょう

胃腸が温まり血液循環が良くなります。
体温が上がることで代謝や免疫力が高まり、不調が改善します

※白湯を作る上での注意
“火”を使って沸騰させたお湯を冷まして下さい。
IHや、電気ポットの使用はNGです!

秋バテを放っておくと大病に!?~健康カプセル!ゲンギの時間2013年10月6日放送~

今の季節、夏バテと同じような症状の、
『秋バテ』の方が増えています。


2013108182232.gif【秋バテ チェック】

(1)身体がだるい
(2)食欲がない
(3)肩こりや頭痛を感じる
(4)一日中眠い
(5)風邪をひきやすい

以上の項目で一つでも当てはまる人は、
『秋バテ』の可能性があるそうです


【秋バテの原因】

原因①:夏の寒暖差
特に今年のように、猛暑だった場合。
冷房を効いている部屋・電車などと野外の出入りが多いと、
自律神経が乱れることで体温調整がうまく出来なくなってします。
しかも自覚症状がない人が多いので、
自律神経の働きがどんどん悪化してします。

原因②:秋の気候の変化
秋と言えば、「低気圧」。
低気圧になると空気中の酸素濃度が減ります。
酸素濃度が減る事で、呼吸が乱れ、
やはり、自律神経に影響がでます。

*****

自律神経とは

身体の機能を自然に調整している神経。
心臓など内臓の動きを司る

暑い時は、体内の熱を放出させるため、
末梢の血管を拡張させる
また汗をかく事で、体温が上がるのを防ぐ

逆に寒い時は、
末梢の血管を収縮させて、体温が下がるのを防ぐ

*****


原因②により、体調を崩しやすくなっているところで、
原因①のダメージが『秋バテ』となって出てくる

「秋バテ」は、放っておくと免疫や代謝に影響が出てくるため、
感染症にかかりやすくなったり、
メタボ系の病気(心筋梗塞や脳梗塞など)につながりかねません。


【秋バテ解消法】

(1)入浴
40℃より低いぬるめの温度で、
≪寝る直前≫に、
10~30分かけてゆっくり入る。
※副交感神経が優位になり、自律神経を整えます。

(2)運動
少しキツイと感じつ運動を毎日行なうと、
自律神経の機能が回復する。
身体がだるいからといって休んでばかりは禁物!
毎日適度に動くことが大切です。


胃の秋バテに関しては、つづく。。。
 

 


 

★滝のような汗が!岩塩入浴剤【ヒマラヤンルビーソルト】


滝の汗ってこういうことを言うんだ!
さらに・・・お風呂から出て、いつまでも身体がポカポカ!
世界一の酸化還元力で自宅のお風呂が若返りのお風呂に♪
 

 2013618151426.jpg

体が楽になるので、今や欠かせない存在です~足裏樹液シート 寝てるま~に~

デトックスフットバスを月1回のペースで行なっていますが、
egao-jyosei.gifその1ヶ月の間で、特に足がだるい時などに、
「寝てるま~に」を使用しています。

とにかく体が軽くて楽になるのですよねぇ。

立ち仕事の身としては、デトックスフットバス共々、
今や欠かせない存在となっています。

【Kさん・青梅市在住 40歳代女性】

 

寝てるま~に

 

※あくまでもお客様の体験談であり、効果効能を保証するものではありません。 

気づいて!新型認知症~ためしてガッテン2013年10月2日放送~

10月2日放送の「ためしてガッテン」では、
新型の認知症をを紹介しておりました。

私の祖母が認知症ということもあり、
非常に興味深く拝見しました。


monowasure.gif従来のアルツハイマー型認知症と、
新型認知症の大きな症状の違いは、
観えないものが観えてしまう<幻視>というもの

つまり、人がいないのに、
いるように観えたりするわけです。

アルツハイマー型でいう、<妄想>と似ていて非なるもの。
また、霊的なものとも勘違いされやいようです。


実は、祖母も、
「ほら、そこに小人さんがいる」とか、言ってたんですよねぇ。


その<幻視>は、レビー小体という不要なタンパク質が脳の中に溜まり、
視覚情報の処理がうまくできなくなることが原因で
起こると考えられています。

よって新型認知症は「レビー小体型認知症」と呼ぶそうです

レビー正体は、あのパーキンソン病にもよくみられるものです。


「レビー小体型認知症」のを改善する為には、早期発見が重要!

レビー小体型認知症の早期発見ポイント

●人や虫がいると訴える、空中に手を伸ばす、壁に話しかける。
これらは「幻視」のサインである可能性が!

●症状が急に現れては消える
頭がはっきりしている時と、ボーッとして幻視が出やすくなっている時との波があるのが特徴です。

●筋肉がこわばって動きが遅くなる(転びやすくなるなど)。

※以上の3つの代表的な症状のうち、2つに当てはまる場合は、
レビー小体型認知症の強い疑いがあると考えられるそうです。

または、3つのうち1つと、
●「睡眠中、大きな声で寝言を言う、手足を激しく動かす」(レム睡眠行動障害)
といった症状がある場合も、同じくレビー小体型認知症が強く疑われます。

本人が気づくのは難しいので、とにかく周りの人が、その兆候に気づいてあげること。

「レビー小体型認知症では?」と思ったら。。。

「認知症疾患医療センター」
「地域包括支援センター」の窓口、センターと連携する「認知症サポート医」
などに相談し、専門の医師の診断を受けること!


幻視への対応ポイント

(1)「幻視を頭ごなしに否定しない」
本人には見えていることを受け止めて、
まずは「何が見えるか」「何が嫌なのか」といったことをしっかり聞きます。

(2)「本人以外には見えないことを伝える」
(1)を行った上で、「周囲には見えていない」ことを伝えます。
「これは幻かもしれない」と本人が気づくきっかけを作ることが重要です。

(3)「幻視を見やすい環境を減らす」
●人形や、ハンガーにかけた上着を人と見間違える、
●壁の模様や汚れが動物や虫に見える
こうした幻視の原因となるものを家の中から取り除きます。

(4)「視覚以外に注意をそらす」
幻視にとらわれている場合、聴覚や触覚など、別の感覚に注意をそらすことも有効。
「好きな音楽をかける」
「猫をだっこしてもらう」
「洗濯物を一緒にたたむ」
「散歩に誘い出す」
「手や背中をさすりながら話をする」
などの中から、患者さんにあった「効く方法」を探してみましょう!

ページ上部へ